賃貸用物件で土地活用をした経験

実家の土地を相続

15年ほど前に実家の土地(更地)の一部を相続しましたが、周囲は畑や田んぼばかりの何もない場所だったので特に何もせずに駐車場として使用していました。
実家の土地を相続した当時は土地の値段が安く、固定資産税は大きな負担にはなりませんでした。
ところが10年ほど前に近所に新駅が設置されると周囲に建物ができるようになり、地価が上がって固定資産税の負担が大きくなってしまいました。
私はもっと便利な場所にある持ち家に住んでいるので、相続した田舎の土地に家を建てて移り住むつもりはありません。
それでも実家の思いである土地だったので売却する気にはならなかったので、何らかの方法で土地活用をすることを検討するようになりました。
そこで不動産投資のコンサルタント会社に相談をしたら、駐車場よりも賃貸物件の経営をしたほうが良いといわれました。
賃貸物件が良い理由とは、相続した土地の近くに都市部にある私立大学のキャンパスが移転する予定があるからです。
学生向けのアパートを建てて賃貸物件として活用することで駐車場にするよりも税金の負担が軽くなりますし、家賃収入のほうが利回りが良いからです。

実家の土地を相続 | 学生アパートとして土地活用 | アパート経営で利益が出ました